院長ブログ

BLOG

2022.9.26国際美容外科学会(ISAPS)の安全委員会

国際美容外科学会ISAPSは形成外科領域と美容外科領域の世界で最大の国際学会です。私はこの理事会に12年入っていて、会長も2年間務めました。昨日トルコのイスタンブールでの2年ごとの総会が終了しました。その会議の中で私はPatient’s safety committee の委員として選任されました。2年後のコロンビアでの国際学会までこの委員会の委員として活動をすることになりました。ISAPSには各種の委員会があって、合計15くらいの委員会があり、その上に理事会があって、世界の美容外科をリードする活動をしています。私が今回所属することになった患者安全委員会とでも翻訳するのでしょうか、患者さんの安全を守る委員会の活動もとても重要なものです。最近では特に南米で皮膚科医や産科医などが形成外科のトレーニングを受けないまま、豊胸手術をしていたり、ビデオを見ただけでおしりの増大を目的とする脂肪注入を行ったり、多くの問題が出てきています。手術結果がきれいなもので患者さんに何の問題もなく結果に満足されていればそれでいいわけですが、南米では特におしりへの脂肪注入での死亡事故が多発していて、豊胸手術ではバストの変形や皮膚壊死などのトラブルも多発している現状があります。こういう問題をどのように解決するかということは日本でも同じで、形成外科や美容外科の一定期間の研修を全く受けないで実際の診療を行っている医師もいるわけです。要するに患者さんにこのような問題があるという情報をいかに届けるかということと、各国の政府に例えば形成外科の専門医資格がない医師は豊胸手術や脂肪注入などをしてはいけないという法律をつくってもらうような活動などをしているわけです。どう考えても医師免許をとっただけで何の研修も受けないまま美容外科医として働いていたり、昨日まで内科医であった医師が今日からは鼻の手術をするなどはあり得ないわけです。でもこういうことが日本でも合法的に可能なわけです。私自身もISAPSの会長をしていた2年間の間には4か国くらいだったと思いますが、その国の厚生労働省大臣というような資格の大臣と話し合いをしたことがあります。各国にいろいろ問題があり、患者さんの安全な手術のためにどういう対策を取ってほしいかという要望を提出していたわけです。日本ではまだこのあたりがしっかりしていなくて、国に働きかけても、なかなか簡単には動いてくれないという現状があります。どこの国であっても美容外科領域には医師でない人が大手クリニックのオーナーだったり、いろいろ現実的には複雑な問題があるわけです。こういうオーナーの方は要するに収入が問題であり、患者さんの本当の幸せや美しくなる効果のある治療などを願っているとは思えないわけです。とにかく世界には多くのあれこれややこしい問題が多く存在しています。日本では考えられないような状況も世界ではたくさん見られるわけです。こういう問題を調べて、対策を考えるということは国際美容外科学会の重要な仕事の一つと思っています。理事会ではすべての美容外科にかかわるすべての領域を議論する必要があったわけですが、こういう特定の部門に入って活動をするのも意義のあることと思っています。今から2年間はISAPSの安全委員会で頑張るつもりです。

投稿者: メガクリニック

2022.9.25医学生のテニス大会再開です

私自身は京都大学を卒業後ずっと医学部ソフトテニス部のヘッドコーチを務めています。最近はOB,OG会の会長も兼任です。この3年間くらい医学部のテニス大会はすべて中止になっていました。やっと来月に医学部ソフトテニス大会の近畿部門の開催が決まりました。現在の現役部員は1年生から3年生までは大学入学後に一度も合宿も公式戦の大会も他大学との定期戦も、とにかく一度も経験したことがありません。すべてコロナのために中止になっていました。本当にやっとテニス大会が来月兵庫県の神鍋高原で3年ぶりに開催されることになりました。こんなにうれしいことはありません。このまま大学に入学してソフトテニス部に所属して、一度も試合も合宿も経験しないまま卒業してしまったら気の毒すぎてどうしようと思っていましたが、やっと開催が決まり、学生も大興奮です。

大体京都大学の場合は春の関西選手権、夏の西日本選手権、秋の近畿選手権の3回大きな大会があり、ほとんどいつも兵庫県の神鍋高原で試合が行われています。私も一年のうち3回は毎年神鍋に行っていたわけです。いつもブルーリッジホテルというホテルに宿泊しています。試合会場のテニスコートのすぐ前にあるホテルなので、いろいろ便利なわけです。食事もおいしく、きれいなホテルで、温泉で露天風呂もあって、とにかく快適なホテルなので、いつもホテルの食事と試合の応援と温泉がセットで楽しめていたわけです。ホテルのスタッフの方々とも顔なじみです。これで京都大学が優勝したら、最高ですよね。私たちの頃は女子はあまり勝てなかったのですが、男子は優勝するのが当たり前に思われていたくらい京都大学チームが強豪であったわけで、部室にも優勝カップがたくさんずらっと並んでいました。しかし、最近はずっと低迷していて残念な思いをしていました。それでも試合がずっと中止というのはそれ以上に本当につらいもので、学生をみるたびに気の毒でたまりませんでした。来月は本当に部員の晴れ舞台なので、1勝でも多く勝てるように頑張ってもらいたいと思います。とにかく3年ぶりに試合が開催されるのがこんなに楽しいのだなあと自分でもびっくりです。

投稿者: メガクリニック

2022.9.18一番おいしかった中華料理

生まれてからとにかくどれくらいの中華料理を食べたのでしょう?考えたことがありませんが、感動するくらいおいしかった中華料理はよく覚えています。中国が本来本場であるわけですが、国際美容外科学会、ISAPSでは世界中で毎年20-25回くらい手術指導の講習会が開催されています。世界から優秀な講師を15人から20人くらい招待して、その国あるいは近隣国の形成外科医や美容外科医に実際の手術を行ってこれを見てもらったり、ビデオを使っていろいろの手術や治療方法の指導を行う講習会です。

私も世界中のあちこちに何回も招待されていますが、特に中国は回数が多くて、多分合計15回くらいはあちこちに講師として講演や手術に行っています。毎回とにかく中華料理をいろいろ食べさせてもらっているわけですが、残念ながら一度も感動するほどおいしかったことがありません。ウルムチで開催された時などは、ヤギの丸焼きが出てきたりして、臭い、まずい、辛いなどの苦痛も経験しましたし、特に私たちは中国側にとっては特別な招待者だったわけで、その分特別な食べ物などもいろいろ出してもらいました。とても無理と思ったことも何回かあって、へびがそのままブツッと切ったまま入っているスープ、氷の山に張り付けられた多数のサソリ、クマの足、時にはサルの脳みそを食べますか?と聞かれてこともあったのですが、さすがにこれはやめてくれと言いました。

なぜ中国本土においしくて感動するような中華料理がないのか不思議で中国の医師に尋ねたことがあります。答えは文化大革命という騒ぎがあった時があって、この時に中国で裕福な人は国家の敵とされたわけです。この時においしい中華料理を作っている人は大体裕福だったので、ほとんどの人が中国本土から他の国に逃げてしまったということでした。なるほど、そういう理由でねえと納得していたわけです。

でも本来とてもおいしい中華料理ってあるわけですよね。私が今までで感動した中華料理の一つは、香港のリッツカールトンにあるレストランです。香港の夜景も素晴らしく、お店のサービスもさすがで、ここの中華料理は涙が出るくらい素晴らしかったです。もう一つはチュニジアの海岸に面したところにあるチュニジアのレジデンスチュニスホテルにあるリーバイというレストラン。このホテルはISAPSの講習会が開催された際に滞在したホテルなのですが、目の前のビーチも美しく、ラクダがうろうろ歩いているような所ですが、とにかく中華料理が素晴らしい味でびっくりしたことを覚えています。こんな所になぜ中華?のように驚いていました。でもちゃんと作っていたのは中国の方でした。もう一つはかなり以前に北海道のトマムリゾートのタワーの中にあった中華レストラン。残念ながらこの中華料理レストランはかなり以前になくなり、今はたしかイタリアンになっていたと思います。でもあの時のシェフはどこに行かれたのでしょう?わかったら押しかけていきたいです。この3つのレストランが今のところ私の食べた中の中華料理の最高峰です。

投稿者: メガクリニック

2022.9.16医学雑誌形成外科の巻頭言

日本における形成外科領域の医学雑誌としては、克誠堂の医学誌である「形成外科」が一流のものであり、もっとも有名なものです。私たちもこの医学誌でずいぶん勉強してきました。多くのすぐれた論文が載っています。この医学誌の今年の秋に発行されるものに、私が巻頭言である随想を書くことになりました。春頃にこの会社から原稿の依頼をもらっていて、夏の間にこれを仕上げて提出しました。今年の秋に発刊される号に私の原稿が載るわけです。タイトルは何を書いてもらってもかまいませんとういうことでしたが、あまり品のないものを載せるわけにはいきませんので、タイトルは「集団がカラフルであるということについて」にしました。かねてから、ISAPS、つまり国際美容外科学会の理事会の活動はとても面白いものだなあと思っていましたので、ここで感じたいたことをまとめています。理事会は実によくできた人々の集まりで、本当に手術もうまく、頭もよく、人柄も素晴らしい人たちの集団だと思います。国際学会の発展のために生涯をささげるというような感じの方も多いのです。この理事会の活動の中で、Strategic Planning Meeting (戦略計画会議)と言われるものがあり、これがとても面白いのです。2年に1回、世界のどこかで朝から晩まで一日中この会議が行われています。参加者は学会の会長を含んで理事会の半数の7-8人、さらに同じくらいの人数で理事以外の人を入れて会議が行われます。美容外科を知っている人であれば、だれを招待してもいいわけです。実際には広告の会社の方、美容外科機器の販売会社の方、患者さん、クリニックのスタッフ、外国から患者さんを集めて、特定の国のクリニックに紹介するような企業で仕事をしている方、弁護士さん、他の学会などで有名な医師、どこかの国の厚生労働省の大臣、などなどが招待されるわけです。こういう方々を招待して一日かけて、国際美容外科学会、つまりISAPSが今後学会としてどのような方向に進むのがいいか、学会活動として何が必要か、何が不要か、世界の学会会員は何を求めているか、学会でどういうセッションを今後作っていくのがいいかなど、あれこれ議論をするわけです。実にいろいろの面白い意見が出てきて、朝から晩まで本当に楽しい会議になっています。こういう会議の根本にある考えは、世界はどんどん変わっている、その中で国際学会が変化についていかなれけばいずれ消滅するというものです。この会議に参加する人々が本当にカラフルで会議が実りの多いものだったわけですが、そういう経験から集団がカラフルであることは実に強い集団を作ることになり、そこから生まれてくるものは本当に新鮮で実りの多いものになるというような話をまとめたものです。

投稿者: メガクリニック

2022.9.16下まぶたの切開の位置と切開方法

当院ではなぜか上まぶたや下まぶたの切開のキズの修正も多いような気がします。いずれも再度の切除縫合やサブシジョンと言われるキズのへこみを修正する方法できれいになります。特に下まぶたの切開では他院での手術を見ていると、どうしてこんな部位にメスを入れたのだろうとか、メスを入れる角度さえ注意すれば、このようなトラブルは起きないのに、、というようなケースが多くみられるのは残念なことです。これは多くの場合、形成外科での研修を受けていない医師なのか、形成外科であっても指導医がちゃんと教えていないなどの問題があると思います。

下まぶたの切開部位は絶対にまつ毛の1ミリ下でないとだめです。これが2ミリも3ミリも下になると、キズが目立ってしまいます。また目じりの部分はちょうど角の部分からしわの流れにそってメスを入れる必要があります。さらに特にまつ毛の下の部分では最初にメスを入れる角度が斜め下方向に向いている必要があります。こうすることで切開ライン直下に皮下組織、あるいは眼輪筋が残るわけです。そこから下は手術内容によって眼輪筋の上、あるいは下に剥離を進めることになります。この切開ライン直下に皮下組織や眼輪筋が残っているのが大切な点です。このことによりまつ毛の下の切開線にへこみが残るようなことを防止できるわけです。意外にメスの入る部位が正しくても、へこみが目立って光が上から当たるとキズが目立っている人も多いような気がします。切開線の部位が正しく、へこみが残っていなければ、近くでよく見てもキズがわからない状態に仕上がります。キズが目立つなどの問題のあるケースの修正もこういう状態になるように工夫をすることができます。

投稿者: メガクリニック

2022.9.15京都大学総長へのお願い

以前から何回かここでも話したことがありますが、京都大学の構内では私が学生だった頃よりずっとずっとテニスコートが少なくなっています。国際交流会館だとか、生協の建物だとか、研究棟だとか、とにかく新しい建物を建てるところがテニスコートであるわけです。テニスをやっていない人は、あ、ここに空き地があると思ってしまうのでしょうか?

以前は京都市内の大きな一般の大会なども京大構内にある多数のテニスコートを使って開催することができましたし、体育会硬式テニス部、体育会ソフトテニス部などの他、硬式だけでも8つの同好会があり、これ以外に私たちの医学部硬式テニス部、医学部ソフトテニス部などもあり、さらに職員もたびたびテニスを楽しんでおられました。今は同好会はすべて学外でコートを借りて活動していますし、私たちの医学部ソフトテニス部も大会前は学内で試合練習ができないので、学外に多数のコートを借りて試合の練習をしています。学内での練習は毎日することができません。医学部男子も女子も週に2回ずつしか練習できません。それも時間制限ありです。

今吉田の学生寮の取り壊しが裁判になっています。国内最古の学生寮だそうです。私が学生だった時に古い建物が学内にあるなあと思っていたくらいで、本当に古いのです。この取り壊しがいずれ行われると思いますが、ここに新しくテニスコートを作ってほしいのです。おそらく5-6面はできると思います。そのことを私は医学部ソフトテニス部のOB,OG会長として、またヘッドコーチとして京都大学総長にお願いしています。新しい学生寮は何も学内に建てる必要はありません。学外でいいではありませんか。聞くところによると、学生寮は学生が管理するということになっているようですが、実際のところ卒業してもそのまま住み着いている方もかなりあるとか、、。本当に学内にテニスコートがとても少なくなっていて、大阪大学など他の大学と比較するとどれくらい悲惨かということがわかると思います。私も他の大学にはよく行きますが、大阪大学でも金沢大学でも九州の産業医大でも、岡山大学でも本当にテニスコートが何面もあって、陸上競技場など広くて、うらやましくて涙が出ます。京都大学総長、お願いです。京都大学構内にテニスコートをたくさん作ってください。

投稿者: メガクリニック

2022.9.6成長因子の治療ーケナコルトとニードルサクション

最近当院へのお問い合わせで、脂肪注入の生着量が多すぎた場合、あるいは成長因子についてのトラブルに関するものが増えてきています。原因の一つはニードルサクションが私が開発した方法で、現状では日本でも世界でも、他のどこのクリニックもこの治療を行っていないからだと思います。今までは脂肪注入の生着量が多すぎたり、成長因子によるしこりや膨れすぎた状態、あるいは痛みなどについては、当院でも切除か、ケナコルトの治療しか行っていなかったわけですが、切開をすればキズが残りますし、ケナコルトではしこりやふくらみが改善しないという問題がありました。お問い合わせも多いので、ここで以下にそれぞれの長所短所をまとめておきたいと思います。

ケナコルト

長所:(1)痛みやかゆみに対しては効果が出ることがある。(2)キズが残らない。

短所:(1)1か月ごとくらいに何回も注射が必要。(2)ふくらみやしこりは多くの場合、あまり改善しない。すこしよくなることもあるが、正常の状態にまではもっていけないことが多い。(3)皮膚の萎縮、陥没、血管拡張、変色などの合併症が起きることがある。(4)液状のものを注入するので、治療予定部位からはみ出して、正常組織に陥没や変色が残ることがある。

ニードルサクション

長所:(1)ふくらみやしこりを必ず小さくできる。またその範囲を正確に設定できる。(2)キズが残らない。(3)ガーゼとテープによる固定が3日程度ですむ。(4)ケナコルトのように血管拡張、変色、陥没、皮膚の萎縮などのトラブルが起きない。

短所:(1)手術の時は麻酔でふくれることになり、さらに針で脂肪を細かく破壊するので、腫れが出てくる。そのためしこりの大きさやふくらみの程度がご希望のラインになるまで正確に減量されているか手術中に確認ができない。吸引で出てきた脂肪の量を見て大体の見当がつくが、あくまでも正確なものではない。(2)そのため3か月後くらいに再度微調整がいることがある。(3)もともとある痛みやかゆみについては、これが完全には改善しないことがある。程度が軽くなることもあるが、変化しないこともある。

投稿者: メガクリニック

2022.9.1NHKの朝ドラ

みなさんはNHKの朝ドラって見ておられるのでしょうか?今回のちむどんどんは、すこしなんだかなあ、、、ですよね。お兄さんが出てくると、朝から気分が悪くなりますし、何より主人公が見たくなくなるドラマってあり得ないって言うか、、、。チンピラややくざがやたらと出てきたり、もうどうなってるの?って感じです。出演者は本当に台本通りにされていると思うので、脚本がひどいって思いますねえ。宝塚の上田久美子さんのような人が担当だったらいいのにって思わずにはおられません。

最近はあまり楽しくないなあって時々見たり、見なかったりです。それに比べて前回のエールは素晴らしかったですよね。小関祐而の話そのものも楽しかった上に、山崎育三郎をはじめ、ミュージカルやオペラで有名な方も多数出演されて、歌も披露されましたし、朝から感激でしたよね。NHKは朝からこういう楽しいドラマを見せてほしいです。今の放送の分は、朝から重苦しい、うっとうしい、またやくざ、またあのお兄さん、、、ですよね。どうなってるんでしょう?

投稿者: メガクリニック

2022.8.26宮本武蔵の話

宮本武蔵の名前はだれでもご存知だと思います。剣豪として有名で、生涯60戦無敗という方です。当時の真剣を使った試合では負ければ命がないわけですから、すごいですよね。この方が書いた本で五輪の書というのがあります。戦う人のための教科書です。

私は京都大学のソフトテニス部で大学を卒業以来ずっとコーチをしていますので、この本は面白くて3回読んだことがあります。テニスの試合をする時も全く同じだなあと思ってしまいます。この本には試合をする時は相手が強そうに見えることもあるが、実際は相手もそう思っているので焦ることはないとか、攻める際に同じ技を2回は使ってもよいが、2回ともうまく守れている相手であれば、同じ攻めを3回してはいけないとか、攻める際にゆっくり動くと見せかけて素早く攻めるというようなペースを変えるということが大切とか、雨が降ったり、風が吹いたり、太陽がまぶしいなどの状況があれば、これを利用して戦えなどなど。もうテニスと全く同じなのです。

いろいろの守り方、攻め方、などを指導した最後はいつもよく練習せよとあります。また太刀を持ちては必ず相手を切ると思え、など戦う前の心の問題などにも触れています。もう読めば読むほどテニスと同じです。もしみなさんが相手と戦うなんらかのスポーツをされているのであれば、この本はとても面白いと思います。

投稿者: メガクリニック

2022.8.17腫れぼったいまぶたの対策

まぶたの悩みの中に腫れぼったいので脱脂をしたいという方がよくおられます。たしかに見た目ははれぼったいのですが、脱脂ではよくならない方も実はわりに多いのです。日本人のまぶたの皮膚はかなり厚みのある方も多く、こういう方の場合、まぶたが多少でも垂れていたり、二重のラインにかぶる皮膚が多いとかなりはれぼったいまぶたになっていることがあります。こういう方の場合脱脂をしてもほとんど効果はありません。むしろ眉下で皮膚を切除して、分厚い皮膚を眉下で切除して減量するとすっきりしたまぶたになることも多いわけです。

簡単な見分け方は鏡の前で眉を上に引っ張ってみてください。たとえば二重の方であれば、これで見かけの二重の幅は広くなります。つまり二重にかぶっている皮膚が少なくなるわけです。これによりまぶたの腫れぼったい印象がなくなる方は眉下切除で、腫れぼったり目つきが変えられるわけです。こういう方の場合、脱脂は効果はほとんど効果がないので、治療方法の選択はとても重要な問題というわけです。

投稿者: メガクリニック

BACK