よくある質問

Q&A

2021.9.23小鼻縮小と鼻尖形成

Q.   鼻先が丸いのが気になっているのですが、小鼻縮小と鼻尖形成のどちらがいいのでしょうか?両方の手術が必要でしょうか?鼻先に高さを出す必要があるのでしょうか?一度診察を受けて相談したいのですが、今月中で診察の予約が取れる日がありますか?

 

A.   診察をして詳しく相談する必要があります。当院の診療はすべて予約制になっています。あらかじめ電話06-6303-7722でご予約の上おいでください。今月中でも診察はどこかで予約が取れる時間があいていたと思います。方針としては鼻尖形成はオープン法で行う必要があります。高さを出したほうがいいかどうかは、横顔をよく見て相談したいと思います。小鼻の幅が広い場合は、鼻尖形成だけをすると鼻先の横に段差が出てしまうことがありますので、状態によっては小鼻縮小を併用する必要があるかもしれません。鼻先が丸い場合に小鼻縮小を単独で行うと、ほとんどの場合、鼻先の丸みが強調されることになり、あまりいい結果にならないことが多いと思います。

投稿者: メガクリニック

2021.9.23小陰唇の手術

Q.   小陰唇がはみ出ていて、気にしています。手術できれいにできるそうですが、手術は日帰りで可能ですか?あとの通院はどれくらいいるのでしょうか?入浴や運動などはいつからできるのですか?抜糸はいりますか?

 

A.    通常日帰りの手術で行います。麻酔は静脈麻酔なので、手術の際の痛みは全くありません。手術時間は大体1時間くらいで、その後さらに1時間程度はかなりふらふらするので、ふらつきが取れるまでゆっくり休んでもらってから帰宅になります。あとの通院は10日目から2週間目くらいの抜糸の時だけでいいと思います。入浴は翌日から可能ですが、1週間程度はシャワーのほうがいいです。運動は3週間ほど控えてもらっています。

投稿者: メガクリニック

2021.9.22脂肪注入について

Q.    脂肪は入れたもの全てがうまく定着しないので少し多めに入れると聞きますが、その時定着しきれなかった脂肪がシコリになったりという事はあるのでしょうか?また、脂肪を滑らかに不純物を入れずに注入することでシコリを防げると何かで見ましたがそれは本当ですか?また入れたところからずり落ちてたるみになるようなことはあるのでしょうか?
A.   しこりになることはごくまれにはあります。外観上問題にならない場合は、そのまま放置していて大丈夫です。通常遠心分離をして注入をしますので、不純物が入ることはありません。それでもしこりができることはまれにはあります。注入の際は細かくいろいろの方向から何層にも分けて注入をするわけですが、ごくまれに脂肪が重なって注入されることがあります。私のクリニックでは注入後にさらになだらかに仕上がるようにマッサージをして平坦になるような処置をして手術を終了していますが、それでも脂肪が硬い方がまれにあって、マッサージで移動していない場合は触ればわかるくらいの小さいしこりができるということはありうると思います。外観上問題になるようなことはありません。また脂肪がずり落ちるとか、移動するような心配はありません。たるみができることもありません。

投稿者: メガクリニック

2021.9.20胸のケロイド

Q.    中学生のころに胸にニキビができたと思うのですが、そこから次第にケロイドが大きくなり、今は28歳なのですが、かなり大きいケロイドになっています。赤みが目立っていて、かなりかゆいのも困っています。このケロイドは治りますか?きれいになるのでしょうか?胸の開いた服を着ると見える部位になり、気持ち悪いと言われることもあって困っています。

 

A.  多分真正ケロイドと思います。ニキビのような小さいキズがどんどん正常皮膚に拡大していって、大きくなってしまうできものです。何年たってもガンにはなりませんが、どんどん成長して拡大するという性質を持っています。かゆみや痛みが強いケロイドは、この拡大するエネルギーが高いタイプになり、まだまだ今後も拡大が続く可能性があります。治療は簡単ではありません。切除しても、そのキズから新しいケロイドが出ることがあるので、結果としてさらに大きくなってしまうことがあります。そのため、切除を選択する場合は、手術後に内服薬を長期に続けて、さらにスポンジを使用してキズが盛り上がるのを防止する必要があります。これをキズの赤みがなくなるまで続ける必要があります。数か月必要なのか数年この圧迫固定がいるのか予想はできません。圧迫効果がうまく持続している間はケロイドは再発しません。ただこのスポンジの圧迫をテープなどで行うので、テープでかぶれたり、テープがかゆいなどの問題が出てきた場合は、表在性放射線治療の併用など、面倒な治療を併用する必要があるかもしれません。他には定期的にステロイドの注射をケロイドに行って、平坦化させるという治療もあります。一度実際の状態をみせてもらって詳しく相談しましょう。当院の診療は予約制になっています。あらかじめ電話06-6303-7722でご予約の上おいでください。保険症をご持参ください。

投稿者: メガクリニック

2021.9.1530代のフェイスリフト

Q.    いろいろ調べているのですが、30代で切開リフトしてる人がほとんど見つからず、早すぎるのかと考えたりしていますが、どうしても顔のたるみが気になります。30代で切るフェイスリフトをするのは早すぎますか?何かデメリットはありますか?よろしくお願いします。
 

A.    特に年齢を気にする必要はないと思います。実際にどれくらいのたるみがあるか、リフトによってどの程度の効果が期待できるかという判断と仕上がりの予想が必要になります。切開をするので、やはりキズが残るというデメリットがあり、このキズが一定期間赤みがあって見えてしまうことになります。この間髪をおろしておくとか、化粧で隠すなどが必要になりますので、得られる効果がこのデメリットをはるかに超えるということが必要と思います。また肌質を見て、キズが最終的にほとんどわからないくらいになるという判断も必要です。私のクリニックでは20代の患者さんのフェイスリフトも何人も行っています。もちろん30代の方もたくさん経験してきています。診察をすれば、手術で実際にこれくらいリフト効果が出ますということを鏡の前で確認してもらうことができます。それを見て、ご自分で判断されるのがいいと思います。当院の診療は予約制になっています。あらかじめ電話06-6303-7722でご予約の上おいでください。

投稿者: メガクリニック

2021.9.15眼瞼下垂の手術後のトラブル

Q.   2か月前にある病院の形成外科で眼瞼下垂の手術を受けたのですが、それ以後左目が完全には閉じられない状態になっています。目やにも多く、涙もよく出てつらいのですが、このままでいいのでしょうか?担当医はもうすこし待っていればよくなると言っていますが、全然改善しないので、心配です。

 

A.    手術から2か月たって目が閉じられないというのはやはり異常な経過です。おそらくあと1か月待ってみても完全には眼がとじられないように思います。原因は診察をすればわかりますが、一般的には挙筋の短縮量が多すぎたか、皮膚の切除量が多すぎたかのいずれかが考えられます。もちろんまれには両方の問題があるケースもありますが、、。おそらく早めに修正が必要な状態なのかもしれません。挙筋の前転量が多すぎる場合は、筋膜の移植や軟骨の移植などにより、挙筋を瞼板から剥離して、これを上にずらして、ゆるんだ隙間に軟骨か筋膜を移植して挙筋を延長するか、皮膚が不足しているような場合は、皮膚の移植をして、まぶたが完全に閉じられる状態にする必要があると思います。実際の状態を見て、判断する必要があります。まず至急眼科で眼球にキズが入っていないかどうかを確認してください。眼軟膏などによる保護が必要かもしれません。眼科医に緊急で眼が閉じられるようにする必要があるかどうかも確認してもらったほうがいいと思います。

投稿者: メガクリニック

2021.9.14目のクマ

Q.  下まぶたのクマが気になっています。なんとかなりませんか?どういう治療方法があるのでしょうか?

 

A.   クマという状態には実際にはいろいろの状態があります。色調が濃いだけの場合、へこみが目立つ場合、まつ毛に近い部位は膨れていて、その下側がへこんでいる場合、しわも目立つ場合などです。色調が濃く見えるのは皮膚の色が本当に黒っぽい場合と、へこみがあるために光が入りにくく黒く見える場合があります。見分け方は下の方を指で押してみて、へこみの部分が膨れた状態にしてみてください。この時に色が白くなる場合は、へこんでいるために光が上から入りにくいので、黒っぽく見えているわけです。この場合は肌色の問題ではありませんので、脂肪注入やヒアルロン酸などでこの部分を膨らませると解決します。この部位を膨らませても色が変化しない場合は、本当に皮膚の色が濃いわけです。これはほとんどの場合アトピー体質と関係があります。従ってアトピーの治療が必要になります。またこういう体質の方はこすったりすると色が濃くなることが多いので注意が必要です。目薬をよく入れたりして皮膚に炎症が起きて色素沈着を起こすようなこともありますので、注意が必要です。凹凸の問題がある場合は、脱脂と脂肪注入を併用するか、まつ毛の下1ミリを切開して、リフトを兼ねて皮下で凹凸のある脂肪の処理を併用するときれいになります。どのタイプの問題なのかは診察をして判断する必要があります。対策についてもその時に詳しく相談できます。

投稿者: メガクリニック

2021.9.12逆まつ毛

Q.    生まれつき、下まつげの睫毛内反症(逆さまつげ)に悩んでいます。小さい頃は少し大きくなれば下がってくると言われ、放置しておりましたが目がゴロゴロとまつ毛がよく目に入るようになり眼科に診察に行くと、眼球に傷がついてると言われ、施術を考えるようになりました。症例が少ないので情報が集められなかったのですが貴院の施術方法や口コミを見てお伺いしようと思っております。下まぶた(下まつげ)の逆さまつげの施術は行っておられますでしょうか??

 

A.  下まぶたの逆まつ毛は保険診療で治療をしています。一度診察をして詳しい相談をするのがいいと思います。当院の診療は予約制になっています。あらかじめ電話06-6303-7722でご予約の上おいでください。保険症をご持参ください。

投稿者: メガクリニック

2021.9.12植毛

Q.    33歳男性です。はっきり言って若禿です。頭頂部がかなり薄くなってきて悩んでいます。貴院では植毛はしておられますか?あるいは他にいい治療方法があるのでしょうか?男性機能が悪化する治療はいやです。いい薬がありますか?

A.   塗布するものとしてはリアップだけが医学的に有効性が認められているものです。市販されていますが、濃度の高いものがいいと思います。ただ問題があり、これでよくかぶれる人が多いと思います。そうなるといいものがありません。内服薬の多くのものは男性機能が低下します。そのため有効なものがあるわけですが、得るものも失うものもあるというのはつらいですよね。他には植毛という方法があります。当院では広い範囲の植毛はしていません。友人の横浜のよこ美クリニックの今川賢一郎先生がいいと思います。1-2本ずつ毛を植えますので、仕上がりが実に美しいです。植毛を専門に行っている医師で、とてもいいやつです。

投稿者: メガクリニック

2021.9.10心配な腹囲

Q.   36歳女性です。食べ過ぎなのはわかっていますが、腹囲がほぼ100センチになりそうです。最近おなかがすこし垂れ下がってきたような気がします。どうしたらいいですか?手術しかありませんか?

 

A.   もちろん食事の制限が必要です。当然ですね。朝食、昼食、夕食をそれぞれ今の7割程度に減らす必要があります。特にご飯、パン、麺類をなるべく控えめに摂るようにしてください。飲み物は甘いものは飲まないでください。コーヒーは砂糖を入れずに飲んでください。ブラックが理想です。日本茶はカロリーがありませんので、いくら飲んでも構いません。また間食は絶対にとらないでください。これはかなり厳密に守る必要があります。最初の1ー2週間程度はつらいと思いますが、この期間を乗り切れば、あとはわりに楽に行ける方が多いようです。食べ過ぎによる病気はたくさんあります。糖尿病、高血圧、心臓病、乳がん、脳梗塞、などなど数えれば切りがありません。一方食事の摂取量が少ないための病気というのはほとんどありません。戦争中には食料事情が悪かったために、日本人の場合上記のほとんどの病気があまりなかったということは覚えておいてもらいたいことです。

あとは手術を考えますか?ということになるかと思います。脂肪吸引か、脂肪吸引プラス腹部の皮膚と脂肪切除ということになります。ある程度の肥満のある方は皮膚の線維が伸びきって痩せても皮膚の収縮が起きない状態になっていることがありますので、脂肪吸引単独で行うと多数のしわや凹凸が残ることがあります。これは肌を見れば予想できます。このような場合は、腹部の下のほうで紡錘形に皮膚を大きく切除して、これを縫合して水平の長いキズにするのがいいと思います。へそは下のほうに引っ張ることができませんので、腹部の上のほうに穴をあけて、ここからへそを出して、縫合固定する必要があります。キズは2年くらいすると赤みがなくなりあまり目立たないキズになってきます。この方法なら細かいしわや凹凸が残る心配はありません。

投稿者: メガクリニック

BACK