院長ブログ

BLOG

2021.8.20顔の手術以外の老化対策

どなたでも顔の老化の進行にはブレーキをかけておきたいと思います。美容外科で常識的な対策としては、紫外線を避ける、タバコを吸わない、過度の飲酒をしない、肥満を避ける、保湿に注意するなどになると思います。でもこれ以外にいくつもの細かい方法があります。特に最近注目されているものは、特定の筋肉の作用が弱くなるようにコントロールするというものです。しわが深いのは筋肉の収縮が強いからです。したがって、特定の筋肉を狙って、この筋力をすこしだけ弱くすると、しわがはるかに浅くなったり、出なくなったりするわけです。どの筋肉でもいいというわけではありません。緩めると顔がたるむ筋肉もあるわけです。顔で目立つしわは額、目尻、眼の下からほほ、首などで、たるみが目立つのは口角、ほほ、目尻などになります。これらの対策として、ボトックスを時々少量ずつ気になる部位の筋肉を狙って打ち続けるという方法もいい対策と思います。一度にあれこれ全力でボトックスを入れるという方法もいいのですが、少量ずつすこしの変化で老化の進行を止めておくという考え方です。こういう目的で打っていい筋肉は額の前頭筋、瞼周囲の眼輪筋、ほほの笑筋、口角の口角下制筋、首の広頸筋などになります。簡単には気になるしわをみつけて、その原因になる部分の筋肉だけに1-2か所ずつくらいにボトックスを入れると、数日してそのしわが浅くなったり、なくなったりするわけです。これを毎月くらいに続けていると顔全体にしわがあまり深く出ることがありません。

また保湿はとても大切なので、当院ではヒルドイド軟膏やその方の肌にあった化粧品をお勧めしています。さらに強力に行いたいという場合はイオン導入やジェネシス、ライムライト、RFなども効果があります。さらにへこみが出てきた部分があれば、ヒアルロン酸やレディエッセなどを組み合わせると大きい効果が得られることになります。

投稿者: メガクリニック

2021.8.17切開したキズをきれいにするために

どなたでも顔や体に切開したキズができた場合、すこしでもきれいに、目立たなくなってほしいですよね。フェイスリフトや二重の切開法の手術の後で、この塗り薬を使ってもいいかとか、テープをはっていたほうがいいのか、などのご質問を受けることも多いのですが、とても理解できることです。

一般にキズがきれいになる体質もあって、白い肌、赤ら顔、脂性などの方はキズがとてもきれいになる傾向があります。また逆に私たちが本能的に切りたくない肌というのもあって、アトピーや喘息のある方、あるいは過去にあった方、他には浅黒い乾燥肌の方の場合などは、どうしてもキズが目立つ傾向があり、時には肥厚性瘢痕やケロイドになることがあるのもこういう肌の方が多いと思います。手術中、あるいは手術後1-2週間目のキズの状態を見れば、目立つキズになるか、安心していていいキズかの見分けがつくようになります。また手術前に判断がつきにくい場合は、私自身は体のどこかに手術のキズや虫刺され、注射のあとなどがあれば、これらを見せてもらっています。これらのキズがとてもきれいで目立たない場合は、顔のキズも同じ傾向があり安心していいわけです。一方これらのキズに肥厚性瘢痕やケロイド、色素沈着が目立つなどの状況があれば、顔のキズも同じことになることが多いわけです。キズが目立ちそうな場合はなるべく早めにリザベンの内服や抗炎症作用のある軟膏などを使用します。期間はキズが目立たなくなるまでということです。またこれらによってもさらにキズに盛り上がりが出てきたり、かゆみ、痛みが強い場合などはキズへのステロイドの注射を定期的に繰り返したり、スポンジとテープによる圧迫固定を長期におこなってもらうなどの治療を併用することもあります。

なお、これらの軟膏や他の治療は正常に治っているキズに対して使用すると、キズの幅が広がる傾向が出ることもあって、正常に治っているキズに対しては特に何もしないというのが安全と思います。またこれら以外に手術から1か月はキズが広がる方向にこすらない、引っ張らないという注意も必要になります。場合によっては3か月間のテーピングを行って、キズの安静を保つということも時には行う治療になっています。

投稿者: メガクリニック

2021.8.15私が糸リフトを行わない理由

私のクリニックでは顔のリフト効果を期待できる治療として、RF、ヒアルロン酸や脂肪の注入、あるいは脂肪吸引、切開によるフェイスリフトは行っていますが、いわゆる糸のリフトは行っていません。いくつか理由がありますが、主なものは、リフト効果が切開リフトなどに比べてあまりに小さいこと、効果の持続が短期間になること、糸による感染が起きた場合、かなり面倒なことになる可能性があること、糸によるしこりや痛みなどの問題が多すぎること、表情の問題が出てつらい思いをされている方があることなどになると思います。

糸については吸収性のものと、非吸収性のものがありますが、吸収性のものであれば、効果がかなり短期間でなくなり、私自身はリフト効果がうまくいっても半年程度かと思っています。非吸収性の糸の場合はもうすこし長く持つかもしれませんが、これでも1年程度かと思います。非吸収性の糸の場合、効果がなくなれば、また追加の糸リフトを繰り返すということがあるように思いますが、顔の皮下には多数の糸が残ることになり、これが加齢によって皮膚が薄くなったり、たるみがかなり出てきた時に糸が透けて見えてきたり、凹凸や表情に異常な状態が出てくる可能性があると思います。こういう場合にどのような治療をするかという問題が出てくると思います。

また現状でよくある問題は、感染や痛みがあって、糸の除去が必要ということがありうるわけですが、これが簡単にできないという問題があります。糸にとげがついていて、簡単に引き抜くことができないからです。感染を起こした糸の直上の皮膚に切開を入れて、糸を除去する必要があるかもしれません。こうなると顔にキズが残ることになり、気の毒な結末になってしまうわけです。実際にこういう方も多いので、ある程度リスクの高い手術と思います。糸を入れるだけで簡単なように思われているかもしれませんが、腫れもしばらく続きますし、トラブルが起きた場合の修正が簡単ではないので、私はどうしても好きにはなれない手術であるわけです。

投稿者: メガクリニック

2021.8.14好きなワイン

お酒はもういろいろあって楽しいですよね。ワインも日本酒も大好きですが、今日はワインの話を。大学生のころはワインを飲む機会があったとしてもあまりおいしいワインにはめぐり合うこともなく、まあなんとなくお酒として飲んでいただけのような気がします。香りや味を楽しみながら飲むということがなかったと思います。でも長年お酒を飲んでいると、おいしいワインに出会うことも多くなってきます。

私が好きな白ワインはもう圧倒的にシャルドネです。どれを飲んでもはずさないと思うのは、カリフォルニアのシャルドネです。ここには大好きな白ワインがたくさんあります。パッツアンドホール、ベリンジャー、オーボンクリマ、ニュートン、キスラー、ファーニエンテなどなど、まだまだありますが、、、。うっとりしますよね。他の地域になるとわりに限られていて、イタリアのシチリアのプラネタなどもかなり気に入っています。

赤ワインについてはフランスとカリフォルニアとイタリアとチリ、アルゼンチンがレベルが高いと思っています。カリフォルニアではなんと言ってもオーパスワンがありますが、いくらなんでもちょっと高いですよね。他にはベリンジャーとかカレラ、クロデュバルなどなど、要するに重ければ大丈夫という感じです。あれこれ浮かんでしまいますが、ルーチェ、コッポラ、モンテスアルファ、ドンメルチョー、いろいろたくさんありますよね。

でも何と言っても素敵なレストランでおいしいワインもいっしょに楽しむのが最高です。あるいはワインの生まれ故郷のワイナリーに行って、そこの景色を見ながら、ワインを楽しむのも素敵です。ナパやソノマはそういう意味では美しいワイナリーも多くて感動です。今はレストランでのお酒もだめで、旅行も行くことができず、本当につまらない毎日です。早くコロナが終息してほしいですねえ。

投稿者: メガクリニック

2021.8.12小顔にするには

よく患者さんから顔を小さくしたいという相談を受けます。一人ずつ問題点が異なることが多く、また複数の要因がからんでいることも多いので、じっくり相談する必要のある方が多いように思います。対策としては実に多くの方法があります。脂肪が多ければ脂肪吸引、咬筋の厚みがあるような場合は、ボトックスや咬筋の部分切除という手術、骨の問題も多いように思いますが、この場合はほほの骨切りやエラの骨切り、また皮膚のゆるみがあるために大きい顔に見えるということもあります。この判断は自分では難しいこともありますが、簡単には手で耳の前あたりを押さえて、この部分を上に持ち上げた時に顔が小さくなるようなら皮膚のたるみが原因のことが多いと思います。この場合はフェイスリフトで顔が小さくなります。私自身の経験で20代の方であってもフェイスリフトで小顔になって喜んでもらえたという方も何人もおられます。また実際のケースでは複合的な要因の方も多く、たとえばフェイスリフトと脂肪吸引を併用して行ったほうが顔が小さくなるような方も多いと思います。また骨切りをした場合、年齢によっては骨切りにより顔にたるみが出て、結果として顔が小さくならないということもあります。このような場合は骨切りとフェイスリフトを同時にするとか、まず骨切りを最初に行って、3か月ほど待ってから次にフェイスリフトをして完成させるというようなこともあるわけです。

投稿者: メガクリニック

2021.8.9首をきれいにするには

首の二重顎やしわなどで悩んでおられる方も多いように思います。皮下脂肪が多くて、二重顎がいやだという方もあります。この場合はやはり脂肪吸引が適している場合が多いと思います。脂肪吸引の場合は、耳の後ろのしわの中に7-8ミリの切開を入れてここから長いカニューレを使用して、顎下のふくらみのある部位の皮下脂肪の吸引をすることができます。範囲や量が少ない場合は、顎下に数ミリの切開を入れて、ここから吸引を行うことも可能です。手術後は止血のために3-4日はガーゼとテープで圧迫固定を続けてもらいます。しばらく腫れが続きますので、完全な仕上がりは3か月後まで待ってもらう必要があります。ダウンタイムは多くの場合3-4日くらいです。たるみが目立ったり、脂肪がかなり多いという場合は、顎下を5センチほど横方向に切開してここから脂肪を直接切除して、さらに広頚筋と言われる首の皮下にある筋肉を部分的に切除してこれを引き締める処理を行うと首がすっきりへこんできれいになることもあります。キズは3-6か月は赤みが残りますが、肌質に問題がなければ、1年から1年半くらいでほとんど目立たないくらいのキズになります。

しわの問題がある場合はいくつかの対策があります。横方向のしわであっても、七面鳥のようなたるみが目立つしわの場合でも、程度の軽い場合はボトックスが有効な場合があります。効果の持続は4ー5か月ほどになりますが、この間しわはあまり出なくてきれいな首の状態が続きます。問題は七面鳥のような縦方向の筋のようなたるみが強い場合です。この場合はネックリフトを行うか、顎の下を横方向に5センチほど切開して、ここから広頚筋を水平方向に切ってしまうという処理が適している場合があります。縦方向の筋のように見えるたるみは広頚筋のたるみなので、これを切断すれば、ゆるんだ筋肉がなくなりますので、首は平坦になり、いつも美しい状態を保つことができます。

投稿者: メガクリニック

2021.8.8手の若返り

手背は人前に出すことも多く、手が老けるということも年齢によってありうることです。要因はいくつかありますが、主なものはしわ、浮き出た血管、シミなどです。シミは多くの場合、キュースイッチルビーレーザーで解決します。治療後3週間は軟膏とテープをはる必要がありますが、これできれいになります。手を洗うことは可能ですが、3週間は軟膏治療を続ける必要があります。もう一つの問題はしわと浮き出た血管です。この問題は脂肪の注入で解決します。通常へその中に小さい切開を入れて、ここからカニューレを入れて脂肪の吸引をします。この脂肪を遠心分離にかけて、麻酔剤や血液成分を除去して、条件のいい脂肪だけを注入用に準備します。手には点滴の際に使用する針と同じサイズの注入用の針の先端の丸いものを使用し手背の2か所に点滴と同じサイズの針穴をあけて、ここから注入用の鈍針を手背全体にまんべんなく脂肪注入を行います。血管には鈍針が刺さらないので、あまり出血することもなく注入ができます。当日だけは包帯を巻きますが、翌日からは包帯もテープも不要で、普通に生活できます。手を洗うことも脂肪の採取部も含めて入浴なども可能になります。へそも手も針穴の縫合はしませんので、消毒も不要で抜糸もありません。キズも小さいものなので、時間と共にほとんどわからなくなります。3か月後がほぼ仕上がりになりますが、この時にもうすこし脂肪があったほうがきれいになりそうな人も多いので、半分以上の方が3か月後に追加の脂肪注入をされています。一度に多量の注入を行うと注入した脂肪に血流の再開が起きないので、壊死になってしこりができたり、溶けてなくなることがあるため、注入量にある程度の制限が出るわけです。生着した脂肪はそれ以後ずっと残りますので、若いころの健康そうな手背が得られることになります。

投稿者: メガクリニック

2021.8.7福井県、石川県

私自身は京都生まれの京都育ちですが、福井県と石川県にはいろいろたくさんの楽しい思い出があります。私も父も父方の祖父も3人とも京都大学医学部卒業で、父は京都で小児科医として働いていました。祖父は富山県に生まれて、富山の高校から京大に入りました。祖父は内科医で、父も富山県で育ったということもあって、富山にもよく親に連れていかれていましたが、私が小学生のころは、富山に行くと祖父が、毎回算数のこの問題を解いてみろとか、漢字の書き取りとか、もう塾に行っているようなもので、富山での楽しい思い出はほとんどありませんでした。

一方母は京都生まれで、母方の祖父は京福電鉄の社長や会長を務めた人です。また母方の祖母は日本に海外からたくさんの宣教師の方々を招いて、西日本に多くのキリスト教会を建てたような人です。私が小学生のころはちょうど母方の祖父が京福電鉄の福井支社長をしていた時期になります。小学生の1年生から5年生までの間の夏休みはいつも福井の三国にある京福電鉄支社長の家で夏休みを過ごしていました。三国のビーチのよく見える丘の上一帯がこの家でした。現在は三国サンセットビーチという名前になっていて、米ケ脇という地区にある丘のビーチに面した地域がほとんどこの家になっており、家からは毎日水平線に沈む夕日が見えて、庭は広大な芝生で、左右に松林があり、一部にはトマトやキュウリ、トウモロコシなどのある畑、海に向かって左側の松林を下って行くと庭の中に小さい川が流れていて、その終わりは滝になって下の方でまた小さい川につながっていました。さらに松林を下ると祖母の建てた三国キリスト教会が家の中にあって、その向こうにとなりの家があるというようなところでした。ほとんど毎日海で泳いで遊んでいたというような生活で、福井にはたくさんの楽しい思い出があります。京福電鉄は石川県にもいろいろ事業があった関係で、よく祖父に連れられて石川県も訪問していました。そういうことで福井と石川は思い出の多い楽しい場所になってしまっているわけです。冬のカニなどもなじみがあって、たとえば三国の望洋楼というカニで有名な旅館は海に面した露天風呂の温泉もあって、東尋坊の見えるこの場所は子供の時によく遊んだ場所なので、よく冬にはかにを食べに行ったりしています。

投稿者: メガクリニック

2021.8.1瘢痕というものの性質

形成外科の診療を長く行っていると、瘢痕というものの性質が手にとるようにわかってきます。やけどや手術によるキズ、あるいは植皮などの経験からすべてのキズは3か月ほど収縮するという性質があり、これに悩まされることになります。これを防止して手術直後のきれいな形を保つ努力がいる場合があるわけです。たとえば皮膚移植などを行う場合、体のどこかから皮膚を採取して、これを移植して皮膚をはりつけるわけですが、手術後1週間から2週間くらいで抜糸が終わることになります。もし、それ以後何もしないと移植した皮膚はかなり収縮して小さくなったり、引きつったり、凹凸ができたり、色調もそれにより汚いものになってしまいます。これを防ぐためには手術後3か月間のスポンジでの圧迫固定を行って皮膚が収縮するのを防ぐ必要があるわけです。毎日皮膚をきれいに洗うことは大切ですが、それ以外の時間はずっとスポンジでの圧迫固定を続ける必要があります。3か月以後はこの収縮は起きませんので、手術から3か月の管理はとても大切なものになります。あらゆる手術の皮下にはこの瘢痕ができることになり、これが収縮する可能性があるのかないのかという判断は美しい結果を得るために重要なものになります。

またキズの方向として運動の影響を受ける方向のキズはかなりこの固定が必要で、そうでない方向のキズについてはあまり頑張らなくてもきれいになります。このことはたとえば額や腹部に水平方向にできる手術のキズなどはとてもきれいになる傾向があり、もしこのキズが縦方向であれば、額なら眉の上げ下げで額の皮膚が縦方向に収縮伸展を繰り返すわけです。腹部でも同じで、体を曲げたり沿ったりして腹部を動かすことがあった場合、縦方向のキズは収縮伸展を繰り返します。もしこのキズが水平方向ならきのキズが収縮伸展を繰り返すことはほとんどありません。こういう理由で、額やおなかの縦方向のキズは収縮しやすく、ケロイド状に盛り上がりやすいわけです。水平方向のキズは特にテーピングなどをしなくてもケロイド体質など以外の場合はきれいに仕上がることが多いわけです。

このような圧迫固定の必要なキズは美容外科領域でもあるわけで、鼻の手術などで私が在宅時だけでもいいので、3か月はスポンジ固定を続けてくださいという方が多いのはこのような理由です。まれにフェイスリフトなどの手術でも手術後に一定期間だけ在宅時のみスポンジをはって包帯で圧迫固定をしてくださいという方があるのも皮下のキズの収縮を心配していることがあるためです。このように手術以外にもご本人に努力してもらうことが必要になる手術もわりに多いような気がします。もちろん私の手術の場合は、必要な方はちゃんと管理方法を指導しますので、心配はいりません。

投稿者: メガクリニック

2021.7.29ボトックスについてー筋肉のボリューム減量、頭痛対策

ボトックスはしわ対策以外に、筋肉のボリュームを減らす目的でも使用されています。特にエラの部分がはりだしている方の場合、この原因の一部が咬筋の厚みである場合は、この筋肉にボトックスを打つことで、小顔にできることも多いと思います。骨が主な原因の場合が多いので、この場合は骨切りが必要になるわけですが、この場合でも筋肉も発達しているケースも多いので、骨切りまではやりたくないという方の場合、すこし顔を細くできるメリットがあるかもしれません。

また足の太さの対策としてボトックスを考える方もあるかと思いますが、足の筋肉はエラと違って、範囲が広いので、安全な量の限界量を使用しても、足が細くなるほどの効果は得られないことが多いと思います。足についてはボトックスはあまり効果が期待したほど得られないことが多いと思います。

最近頭痛の治療にボトックスが使用されています。肩こりなどが原因で頭痛が起きる方があります。こういう場合、肩こりの原因になっている筋肉にボトックスを打つと、この筋肉の過剰な緊張がなくなり、頭痛がなくなることがあります。こういう方の場合は定期的にボトックスを使用することで、頭痛から解放できることになります。

投稿者: メガクリニック

BACK