院長ブログ

BLOG

2022.3.31桜と雪

京都大学医学部ソフトテニス部のヘッドコーチとOB、OG会の会長をして長いのですが、学生の試合は大体いつも兵庫県の北の方にある神鍋高原にあるテニスコートで春の関西選手権、夏の西日本選手権、秋の近畿大会が開催されています。ここはテニスコートの面数がたくさんあって、周囲にホテルや民宿が多いので、大きな大会を開催するのが簡単になわけです。私が学生の頃はこれらの大会はいつもあちこちで行われていて、京都、奈良、熊本、長崎、山口、などなどもう西日本を走り回るというある意味旅行も兼ねて、みたいな楽しみもあったわけです。最近はテニスコートは大体どこも学生は学校にテニスコートがあるでしょうという考え方で、社会人優先という感じで、どこのテニスコートも抽選になっています。大きな大会などは国体級であれば、コートをおさえることができるのでしょうが、大学生の大会の開催はとにかく規模が大きいとコートの予約ができないという問題があるようです。この点神鍋はラグビーでもサッカーでもバスケットのなどの体育館が必要な大会でもここはとにかく広大なところなので、自由に大会が開催できるのはありがたいことです。

特にこの神鍋高原の春の大会の時は、周りの山には雪が残っていて、テニスコートの周囲には桜が満開というような時期になります。桜と雪を同時に見られて、温泉があり、さらに学生のテニスの楽しい応援もできるという私にとってはパラダイスなのです。コロナのために大会が開催できない状態がもう3年になります。あの景色が懐かしくてたまらないなあと思う今日この頃というわけです。

投稿者: メガクリニック

2022.3.21フェイスリフト

フェイスリフトについて最近の国際学会での発表や論文を見ていると、大体近年の傾向としては糸のリフトについては講演や論文があまりなくて、多分リフト効果の持続がごく短期間になるという理由で、世界的にはあまり評価されていない方法なのかと思ったりしています。やはり人気のあるものは切開によるリフトで、最近の傾向としては、もみあげについてはもみあげの位置を変更しない方法がスタンダードになってきたと思います。以前は耳から上の頭髪内に切開を伸ばして、ここで顔全体のリフトを行ったので、もみあげが後方に引き上げられていました。結果としてキズが髪の中に隠れても顔の面積が広くなるという欠点があったわけです。今はもみあげの前を切開しても時間がたてば、キズがほとんど目立たないので、この部位の切開が通常の方法になってきたと思います。また法令線の処理として以前はほほのリフト方向が斜め上方向になっていました。指でこの方向に皮膚を引き上げると法令線のへこみがなくなるのがわかると思いますが、小鼻をよく見てください。この時に小鼻も横方向にひっぱられてしまいますよね。そうなると法令線の問題が解決しても鼻が正面から見て大きくなってしまうわけです。この問題を防ぐためにほほの引き上げはなるべく真上方向にして、法令線の小鼻の横付近は脂肪注入を併用してへこみを解消するという方法がよく行われるようになっています。

このように多くの美容外科の手術方法はいつも変化していて、また将来どのような新しい考え方が出てくるか、わくわくがずっと続いているという感じがします。

投稿者: メガクリニック

2022.3.13サブシジョンについて

日本美容医療協会の相談室で回答も行っていますが、最近サブシジョンについての混乱があるように思います。サブシジョンという言葉は学会で正式に定義された治療方法という段階にはまだなっていません。もともとは皮膚のへこみの変形部分に対して、針で皮下の瘢痕を剥離して皮膚を薄く浮き上がらせて平坦にして、その直下の空洞になった部位に微量の脂肪を注入します。この形状を維持して固めるために、3か月間ピタシートや何重にも重ねてテープをはって平坦な皮膚に完成するという方法を意味すると思っています。ところが、日本美容医療協会の患者さまからの問い合わせを見ていると、針での剥離だけを行うとか、針で剥離をして直下にヒアルロン酸を入れるなどの方法を行っているクリニックがいくつかあるようなのです。針の剥離だけでは皮下に空洞があるので、皮膚がここに落ち込んで、元のへこみに戻ります。つまり針での剥離操作だけでは何も改善しません。ヒアルロン酸を入れる方法は脂肪を採取する手間がいりませんが、ヒアルロン酸は吸収性のものなので、半年くらいで吸収されてへこみが再発することになります。皮下直下には微量の脂肪を入れる必要があります。脂肪が生着すれば、これで平坦な皮膚がずっと維持されることになります。一部のクリニックでの治療方法は私は賛成できません。

投稿者: メガクリニック

2022.3.6ピアスのトラブル

最近ピアスのトラブルで来院された方が4人おられます。たまたまなのだと思いますが、ピアスのトラブルも意外に多いものです。2人の方はピアスの感染です。友人にピアスをあけてもらったらしいのですが、膿が出てきて、かなり腫れて痛みも強いということで来院されました。本来はピアスをあける際は消毒をして、セイフティーピアスと言われるアレルギーが起きないタイプのピアスを使用して、これを1か月間は入れたままにします。また毎日1回はピアスを回してもらいます。消毒はいりませんが、ピアスと皮膚の接触部分を歯みがきに使用する糸などを使って、汚れを取ることが必要です。皮脂や汚れがピアスの穴から皮膚内に入ると感染が起きることがあります。またピアスの品質に問題があるとアレルギーなどでかぶれてここから感染が始まることもあるわけです。こういう注意を守れば、感染は起きません。他の方のトラブルはピアスが大きい輪のようになっていて、これが何かに引っかかったためにピアスで耳たぶが裂けてしまったという方です。この場合は、縫合をして耳の変形を治す必要がありました。治ってから3か月してから再度ピアスをあける必要があります。もう一人の方はピアスが皮膚に食い込んで埋まってしまったという珍しいトラブルです。なぜこんなことが起きたのか、理由はよくわかりません。局所麻酔をして引き出しました。いろいろトラブルがありますよね。

投稿者: メガクリニック

2022.3.1メキシカンカリブ

最近は海外になかなか行けないので、海が大好きな私は時々世界の美しい海を思い出したりして、また行きたいなあと涙を流したりしています。

 

私が世界で感動的に美しいと思う海はエーゲ海とメキシカンカリブです。エーゲ海を楽しむのであれば、ギリシャのサントリーニ島が絶対に一番です。メキシカンカリブについては、メキシコのユカタン半島にあるカンクンという所が最高と思います。ホテルの部屋から海を見ていると、泳いでいる人の足先まで透けて見えるというくらい透明な海です。

 

延々と真っ白のビーチがどこまでも続いていて、淡いブルーの海が果てしなく広がるという素敵なところです。半島はほぼジャングルで、マヤの遺跡もところどころにあって、どこに行っても楽しめるところです。ここで私の大好きなホテルが二つあります。フィエスタアメリカーナコーラルビーチというホテルとリッツカールトンカンクンです。

メキシコはメキシコシティーのような大気汚染と治安の悪さが気になるところかもしれませんが、ユカタン半島にあるカンクンは治安もよく、空気も新鮮で素晴らしいところです。

 リッツカールトンカンクン

 フィエスタアメリカーナコーラルビーチホテル

投稿者: メガクリニック

2022.2.26脂肪注入とインプラントを併用する豊胸術

インプラントによる豊胸手術のメリットはご希望のサイズのバストが得られるということです。ただこの場合、自然なバストの感触に仕上げるためには、インプラントの上にある程度の量の乳腺と皮下脂肪が必要です。また時には皮膚が極端には伸展しないという状態が必要なこともあります。要するにインプラントの上に厚みのある組織があれば、インプラントの感触がわかりにくいわけです。またその分流動性も得られます。乳腺量や皮下脂肪の量が不足する方の場合は、インプラントを入れて、さらに皮下脂肪には脂肪注入を追加することで自然な感触のバストに仕上げることができます。状態によっては脂肪注入を2回行って多量に脂肪を入れたほうがいい結果が得られる方もあります。一人ずつの状況が異なるわけですが、脂肪注入とインプラントの併用によりきれいなバストのラインと自然な感触が得られる方があります。

投稿者: メガクリニック

2022.2.23小鼻縮小について

日本人の場合、小鼻の幅が目立つという方も多いように思います。いくつか方法がありますが、基本的に鼻の穴を小さくしてもいいのかどうかという点が問題になります。鼻呼吸という問題があり、鼻の穴は小さいのに、小鼻のカーブが大きく、鼻の幅が大きくて目立つという気の毒なケースもあります。このような場合は鼻の穴の大きさを変化させずに小鼻の溝に沿って皮膚を切除することで小鼻のカーブを小さくして幅を狭くすることができます。キズは小鼻の溝に沿ったキズになるので、最終的には溝のしわか傷かわかりにくいという状態になり、目立つことはありません。最初の数か月は化粧で赤みを隠す必要があるかもしれません。鼻の穴が大きくて、小鼻の幅も目立つということが多いのですが、この場合は鼻の穴の中の皮膚も切除して、小鼻の幅を狭くできます。鼻の穴も当然小さくなります。この手術は上記の溝での皮膚切除を併用することも可能で、患者さんの状態によって対策が異なってきます。どれくらいの幅に仕上げるかということもご希望を聞いて調整が可能です。なお、皮膚を切開せずに糸を入れて、これを縛るだけで小鼻を狭くするという方法を行っているクリニックがあるようですが、これは最初の数週間くらいは幅が狭くなりますが、以後は糸が内部の組織を切ってしまい、すぐに緩んでくるので、1か月後くらいには完全に元に戻ります。この方法は全く効果がないということはわかっていますので、詐欺のような手術をしているクリニックがあるのは残念なことです。

投稿者: メガクリニック

2022.2.15豊胸についての考え

バストについての悩みも実はかなり多いものです。単純にバストが小さいという悩みもありますが、左右でかなり形やサイズが異なるとか、下垂や逆に大きすぎて困っているような方もあります。大きすぎる場合は乳房縮小術という方法があり、ご希望のサイズ程度に小さくして、同時に下垂を修正する方法があります。下垂に対しても豊胸によって下垂した印象を消す方法もありますし、バストのボリュームそのものは変更せずに下垂だけを修正する方法もあります。最も多いタイプの手術はいわゆる豊胸です。バストを大きくしたいというものですが、歴史的になんらかの注入物を使用してサイズを大きくするという方法は悲惨な結果に終わっています。今後も注射でなんらかのものを入れるという方法は危険なことが多いと思います。現在までにパラフィン、流動シリコン、オルガノーゲン、アクアフィリング、血液豊胸、ヒアルロン酸など多くの方法が行われています。液状のものを注射することによる危険性は血管やリンパの中に入った場合、これがバストの他の部位に流れるということです。肺まで移動してここで詰まってしまうと肺塞栓と言って呼吸ができなくなることがあります。過去に手術中に日本でも何人もの方が亡くなられていますが、この事故によるものです。他の深刻な問題は液状のものなので、手術後長期の経過後に注入物が移動することがあるということです。背中までカチカチになってしまった方や最近ではアクアフィリングが腹部に移動してバストが合計4つあるような異常な形になって修正を求めて来院された方もあります。血液豊胸というような方法は要するに成長因子を入れて脂肪を増大させるという方法なので、しこりができたり、痛みが出たり、凹凸になったり、変色が起きたなどの問題で、修正手術を求めて当院に来院されている方も何人もあります。現状では安全な豊胸手術はやはり歴史的な評価ができているインプラントによる方法か脂肪注入によるものか、これらの併用という3つのタイプが確実にバストを大きくできる方法と思います。

投稿者: メガクリニック

2022.2.10まぶたをぱっちりさせるために

黒目がどれくらいぱっちり見えているかという問題は加齢に関係していることが多いと思います。これは加齢によって、次第にまぶたを持ち上げている眼瞼挙筋という筋肉が弱くなるために起きる現象です。おばあさんやおじいさんで眼がぱっちり大きい方はありません。挙筋の筋力低下は必ずだれにでも起きてきます。これを回復させる方法が挙筋前転とか、挙筋短縮などと言われる手術です。上まぶたの中で挙筋が付着している瞼板という軟骨とすこしその上側の挙筋に糸をかけてたぐり寄せるように縫合をすると、ゆるんだゴムも短くすると強くなるのと同じように筋力が上がります。これによって目がぱっちり開くことになります。ただこれをやりすぎると目が閉じなくなり、眼球が乾燥すると眼球にキズがついて、視力が低下することになります。この調整は手術中に何回も仮縫合をして、目をあけてもらったり、閉じたりして、調整を行う必要があります。またこの際に軟骨には3-4か所で糸をかけて引き上げることになるので、それぞれの糸の位置を調整して、まぶたの形がきれいになるように調整しておかないと、三角目などの不自然なまぶたの形になってしまいます。

もう一つの問題はまぶたにたるみがある場合です。二重のラインを切開して行う手術ですが、二重のラインで皮膚を切除すると、分厚い皮膚が二重のラインのすぐ上に来ることになり、腫れぼったいまぶたに仕上がります。また人によっては怖い目つきになることもあります。これを防ぐ方法は眉下切除です。したがって、挙筋前転だけを行っていいのか、眉下切除を併用したほうがいいのか、手術前に詳しく相談をする必要があります。

投稿者: メガクリニック

2022.2.5PRP(多血小板血漿療法)の経験

ずいぶん以前になりますが、PRPがしわやたるみの改善のために有効というようなメーカーの広告があり、学会の展示などでもそのような話を聞いたので、この関係の器械を一式購入しようかと思ったことがあります。PRPは多血小板血漿療法と言われているもので、血液から血小板を分離してこれを治療に使用する方法です。ただ本当に効果があるのかどうかについて学会発表を聞いていても長期経過の報告がなく、疑問に感じていたので、購入するかどうかを決めるのにメーカーの方に直接クリニックに来てもらって、方法の指導を受けながら、当院のスタッフ二人に大変申し訳ないが、片方の顔にだけ治療をして、経過をみたいと説明して治療を行ったことがあります。その結果、2-3週間後くらいの時期では片方の顔の小じわなどが改善されていて結果がいいのかなあと思っていましたが、1か月を過ぎる頃になると二人ともどちらの顔を治療したのか全くわからない状態になってしまいました。この結果を見て、効果がないと判断した私はこの器械の購入をやめたわけです。メーカーが言うには、この治療はできれば毎月続けてくださいというようなことでしたが、この治療は注入の際に何か所も針をたくさん刺すことになるので、これにより腫れが出てしまうわけです。この腫れにより数週間は小じわなどはなくなります。つまり顔をなぐられたりすれば、顔は腫れますよね。腫れていれば、小じわはなくなります。つまり小じわが改善したのは針で顔を何回も刺したために腫れたのではないかという疑問があるわけです。そうなると毎月針を顔に刺すだけで、PRPを注入しなくてもこじわがなくなった状態を維持できることになります。これでは学問的証拠になりません。そういう理由で当院ではPRPの治療の導入を断念したわけです。多分同じような経験を持った医師が多くおられて、その中にPRPに成長因子をまぜると注入部位がかなりふくれてくるので、しわやへこみの改善に使用するという方法を思いつけれたのではないかという気がします。成長因子を入れる方法は脂肪が膨れるわけですが、このコントロールができないので、膨れ過ぎたり、しこりや凹凸ができた場合に簡単には治らないという深刻な問題が出てきたのだと思います。

投稿者: メガクリニック

BACK