メガクリニック

アーカイブ

2020.04.03更新

以前目頭切開の修正時にできた凹んだ瘢痕に、高柳院長にサブシジョン+腹部からの脂肪注入をしていただきました。当初は何回かに分けて少しずつというお話でしたが、1回の施術で納得したため1回で治療を終えました。しかしその後私がダイエットしたことで全身の脂肪が減少し、それに伴い注入した脂肪も減少し、傷がわかりやすくなったように感じています。つきましては再度の施術をお願いしたいと考えております。一度カウンセリングに伺いたいのですが、その場合に臀部の脂肪でお願いすることはできますでしょうか。また他院には自己真皮を砕いてフィラーとして注入する先生もおられるようですが、そのような処置は行っておられるでしょうか。宜しくお願いします。

体重の増減によって、注入した脂肪にも影響があります。脂肪が生着して生きているということですね。

脂肪は、採取量は微量なので、どこからでも採取できます。臀部は座る時に痛みが出ることが多いので、臀部から採取することはほとんどありませんが、ご希望なら可能です。真皮を砕いて入れるのも理論的には可能ですが、採取部は切開がいるのでキズとして残ることになります。この方法もご希望なら可能です。

投稿者: PL607922641

TOP
06-6303-7722 WEB相談室