メガクリニック

アーカイブ

2021.02.09更新

顔のたるみはなんとなくいやなものです。以前はこんな顔ではなかったのにと思いますよね。たるみの対策についてはいろいろの方法が行われています。糸のリフトが世間ではよく行われていますが、私自身は糸のリフトは行っていません。溶ける糸であれば、効果が早くなくなり、半年から1年程度で元のたるみに戻ることになります。溶けない糸はこれよりやや効果が長くもつのかもしれませんが、それでもよく持って1年か1年半というところだと思います。問題は多数の糸が顔の中に残ること、これが万一感染を起こした場合に治療がとても難しいということがあります。顔の皮膚の凹凸などの問題もよくありますし、痛みなどで悩んでおられる方も多いと思います。また医師の技術によっては全く効果が得られなかったという話もよく聞きます。一番困るのは感染が起きた場合、糸の除去がとても難しいということです。糸にはとげがついていて、これで皮膚をひっかけて引き上げるということなのですが、これがあるために糸を引き抜いて除去ができないわけです。場合によっては顔のところどころに切開を入れて糸を除去しないと感染がおさまらないということもあります。これでは顔に多数の傷が残ることになります。効果の持続が短いということ、凹凸、痛みなどのトラブルが多いということ、万一感染が起きた場合、治療がとても難しいということ、これらが当院で糸のリフトを行わない理由です。当院では切開によるフェイスリフトを行っています。効果が大きく、確実で、その持続も長期に続くということが理由です。

投稿者: PL607922641

TOP
06-6303-7722 WEB相談室